2010年01月23日

久々の濃厚なエッチ 四十路半ばでも女なのです 2

クリトリスをしゃぶられ、舌でなでまわされると、
私はカラダをのけぞらせて、感じてしまってた。

愛液をあふれさせているおまんこのワレメを指でなぞられ、
ぐにぐにとやわらかい音が聞こえる。

    「ん・・・んん・・・。」

私はあえぎ声をガマンしようとしているにもかかわらず 
ついもらしてしまう・・・
乱暴に舌でおまんこを舐めまわされ、
指でクリトリスを軽くひっかくようにこすられた。

     「あっ・・・ああ・・・んん・・・。」

舐められるたびに、にじみでてくる愛液・・・。
おまんこ周辺が十分に濡れたところで、中指を膣に入れらて、
膣内の形を確かめられた。

今まで出会いがなかったせいなのか、
私のおまんこはキツいくらいにしまっていた。
愛液のすべりが、なお更彼の中指を奥へ奥へと進ませていく。
中指をしめつけている私のおまんこに、彼のちんぽを入れてくれたら、かなり気持ちいいんだろうなぁ。

最奥を指で確かめられながら、
早く入れてほしいとそればかり考えてしまう。
中指が引き抜かれると、ぐちゅっという音が私の寝室に響く。
また中指を奥に入れると、ずちゅっという音がする。
繰り返し、ぐちゅっずちゅっという音が聞かされていると、
私のあえぎ声も遠慮のないものになっていってしまう。

     「あ・・・いい・・・気持ちいい・・・。」

目をつぶって、快楽を追っている私の姿は、
かわいらしくていやらしかったみたい。
彼は指を二本に増やし、念入りにキツいおまんこはほぐされていった。
愛液がアナルの方まで流れていき、
二本の指の出入りがスムーズになったところで、
指を三本に増やされて、クリトリスを愛撫する指にも、
意識を集中させた。

膣壁を傷つけないように慎重に指を動かしてくれている彼。
痛くない程度の力かげんでクリトリスを刺激されていると、
私の声もせっぱつまったものになってきた。

     「すごい・・・いい・・・イっちゃう・・・。」
私がカラダをそらせるのと同時に、おまんこもきゅっとしまって、
指を思い切りしめつけた。
指におまんこのキツい圧力をかけきったところで、
愛液まみれになって
しわしわにふやけさせてしまった指をおまんこから引き抜かれた。

      「ゴム、あるかな?」
  
      「今日は大丈夫だから、そのまま入れて。」

と言うと、彼は遠慮なく、膣口にちんぽをあてがった。
ていねいにおまんこを広げたかいがあって、
私のおまんこは彼のちんぽをスムーズに飲み込んでいく。

膣のあたたかさとやわらかさからなのか
ちんぽがますます元気になっていくのが
ダイレクトに伝わってきて、イくのをこらえるのが
たいへんなくらい気持ちがいい。

ちんぽを奥まで飲み込むと、
一度イった後のおまんこはひくひくと次の快楽を待ちかまえていて、
彼のちんぽの動きをうながすように、ぜん動している。
貪欲な私のおまんこは彼のちんぽに絡みつき、
快楽を引き出そうとしている。

彼がピストン運動を開始した。
私も気持ちよくて、あえいでいる。

私たちはカラダの相性もバツグンだということを確認して、
最初のセックスは終了した。




美里 45歳/バツイチ/会社員
(今まで仕事ばかり一生懸命だったけど
 やっぱりさみしい気持ちはありました。
 けれど 今はもう大丈夫。気持はもちろん
 エッチだって充実。ただ 彼と会う日は
 必ず濃厚なエッチになっちゃう!
 今までずっとたまってたのな?(笑)
posted by りくいるか at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 四十路の告白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。